1歳半で夜泣きが始まる!?夜中に遊んだり早朝散歩はホントに効果的な対策なの?

スポンサーリンク

子供が1歳半から2歳位までの間夜泣きがありました。

とてもひどい夜泣きというものではありませんでしたが、毎日のようにあったので辛かったです。

そんな私の経験が悩まれているお母さんたちに少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ママは赤ちゃんのお世話ばっかりで、なかなか自分に時間が取れないですよね…
ある日鏡を見たら顔がなんだか老けて見える・・・!(T_T)

なんか妊娠する前よりシミが増えてきたみたい・・・
歯の黄ばみもヒドくなってきたような・・・

私もまさにこんな状態でした(>_<)
30代も半ばに差し掛かった私が選んで良かったもの♪こちらにまとめています♪

使ってよかったシミ取りランキング!30代女子のシミ・そばかすにおすすめ
30代女子。シミに悩む私が選んだシミ取りサプリメントやシミ取りクリームをランキングで紹介しています。
使ってよかったホームホワイトニング&歯磨き粉ランキング!30代女子の歯の黄ばみにおすすめ
人前で笑えない(T_T)・・・ 話すのがおっくう(T_T)・・・ 妊娠してからなんとなく歯の黄ばみが気になり始めた私。 最初は、出産したら元に戻るだろうなんて思ってたんですが、それが一向...

夜泣きの相談をママ友にしてみたけれど…

うちの子の夜泣きは寝るのが早かったためか夜の11時から12時の間位に始まりました。丁度私が寝付いたかなぁと思うくらいの時間だったので、辛かったです。

そんな時に私が相談したのは近所のママ友や先輩ママ、母でした。

よく言われたの「この時期仕方ないよね」「お互い辛いけど頑張るしかなくない?」でした。

アドバイス的なことは、ミルクを飲ませるやドライブをするなどでした。

どちらもうちの子には合いませんでした。

諦めるって何なんだろう

そんな時に1人のママに言われたのが「諦める」でした。

初めて聞いたときは正直ふざけてるのかと思いましたw

でもよくよく聞いてみると、ママが不安になったりイライラするのが良くないと言うことでした。

私もそれをきいてからはなんとなく悩むのがバカらしくなりあまり考えないようにしてました。

子供に付き合って夜中に遊んでみた

そこで私が夜泣きの対策として具体的に行ったことは、「子供と遊ぶ」でした。

寝室からリビングに場所も移動し、電気もバッチリ付けます。そして、その頃子供が大好きだったいないいないばあのDVDを見ながら一緒に永遠と踊ってました。

早いと15分、長いと1時間以上。親子でヘトヘトになるまで踊ってました。

調子が良ければ子供も1人で踊るのですが、ぐずぐずがひどいときはずっと抱っこで揺らしながら踊っていたので本当に疲れました。

私もダイエットエクササイズと思い頑張りました。

スポンサーリンク

帰りの遅い旦那に笑われることもしばしば…。

そんな時は仕事で疲れてようがお構い無しに強制参加させてましたけどね。

今思えばそれも良かったのかなと思います。

子供と二人でやるよりも3人でやる方が笑いが増えたと思います。

3人で笑い合えることで昼間のストレスも一緒に発散できた気がします。

やっぱり子育ては1人でやるものではなく周りの協力も必要ですよね。

朝から楽しくお散歩

あともう一つは夜泣き対策と呼べるかわかりませんが、朝陽を浴びさせてました。

大人なもそうですけど、朝陽を浴びると体内時計をリセットできるっていいますよね。

なので、早朝散歩をしてました。

うちの子の場合、寝るのが早かったので、起きるのも早いっていうのもあったんですけどね。

朝の6時位からお散歩をしてました。

夏は朝陽が登るのも早いので、もうちょっと早い時間の時もありましね。

一般的な生活から1、2時間ずれた生活を送ってました。

でも、朝のお散歩はいい気分転換にもなりました。

子供も車がほとんど通らないので自由に歩けて楽しかったみたいです。

朝からいっぱい体を動かすので、お昼寝もスムーズになったり、夜泣きも無くなってきたりしました。

やはり、子供もリズムを整えて体をいっぱい動かして色んな事を発散するとよく眠れるんだなぁと思いました。

子供は不安でしょうがない

私は子供を生む前に子供相手の仕事をしてました。

その時に先輩に言われた事があります。

「子供が夜泣きをするのは明日の朝、起きられるか不安なんだよ。」言われた当時はそうなのか?と半信半疑に思っていました。

でも、幸せなお腹の中から突然何も知らない世界に出てきた子供。きっとたくさんの不安があるだろうなぁと思います。

何も出来ない自分を守ってくれる人を必死に求めているんだなと思いました。

だから寝てても急に不安な気持ちが生まれてしまうのかもしれない。

そう思った時に初めて先輩の言っていた言葉がわかりました。

いっぱいの不安を一つずつ一緒に乗り越えていこう、そう思いながら今も子育てしてます。

時々?いつも?忘れて怒ってばっかりの時もありますけどね。

それでも、これからも色んな悩みが生まれると思います。

どんな時も子供に寄り添って考えられる親でありたいなと思っています。

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました