夜中の授乳をやめるとどうなる?夜間断乳のメリットやデメリット

スポンサーリンク

子供に夜泣きで起こされて何度も授乳するのがつらいときにおすすめされる「夜間断乳」は夜の授乳をしなくなることで子供の夜泣きが減ってお母さんもぐっすり眠れる方法ですが、朝まで寝られるならぜひやってみたいけど…突然夜中の授乳を止めても大丈夫なのかなと不安になることもありますよね。

夜中の授乳をやめることで子供やお母さんにどんな影響が出てくるのでしょうか。

今回は夜間断乳のメリット(いい点)やデメリット(悪い点)についてご紹介していきます^^
体験談です♪

スポンサーリンク

夜中の授乳をやめるとどうなる?

夜中の授乳を止めることによる影響はいいことも心配なことも含めて様々ありますが、代表的なものを挙げると

  • 朝までぐっすり寝てくれるようになる
  • 夜泣きがなくなる
  • ご飯をいっぱい食べてくれるようになる(特に朝ご飯)
  • 虫歯のリスクが下がる
  • 母乳トラブルが減る
  • 睡眠不足が解消する
  • 夜間断乳が成功するまで子供がギャン泣きする
  • 親もつらい、悲しくなる
  • 近所迷惑が心配になる
  • 子供が精神不安定になることがある
  • 水分不足が心配

などがあります。

スポンサーリンク

夜間断乳のメリット

先ほどいくつかメリットをあげさせていただきましたが、これから細かく解説していきますね^^

夜泣きが減り朝までぐっすり寝てくれるようになる

夜の寝かしつけをおっぱいや添い乳で行っていたママさんは特に夜の授乳を止めると子供が夜中におっぱいを探して泣くことが少なくなり、朝まで寝てくれることが増えます。
赤ちゃんが深く長く眠ってくれることによりお母さんも家族もぐっすり寝られるようになるという大きなメリットがあります。

ご飯をいっぱい食べてくれるようになる

母乳は水分とはいえ、少なからずおなかに溜まります。夜中の授乳を止めると朝は胃の中が空っぽに近くなりますので、離乳食をよく食べてくれるようになります。

虫歯のリスクが下がる

夜中も授乳しているということは夜に食事をしているのと同じこと。
虫歯のリスクも高まっていきます。

特に子供が1歳を超えると少量の砂糖の入った甘いものも徐々に与え始めることが多いため、夜中の授乳は虫歯菌の増殖につながってしまう恐れがあります。

夜間断乳をすれば歯磨き後に何かを口にすることがなくなり、虫歯リスクを低減させることができます。

母乳トラブルが減る

夜間断乳をはさまずに突然完全断乳をすると、今まで子供が飲む分だけ作られていた母乳の行き場がなくなって乳腺が詰まり、母乳トラブルになる恐れが高まります。

それが夜間断乳をすることにより少しずつ母乳の生成が抑えられるようになると乳腺炎などのリスクが抑えられます。

夜間断乳のデメリット

次に夜間断乳のデメリットや不安要素についてご紹介いたします。

夜間断乳のときは「この世の終わり」というくらい子供がギャン泣きするので子供も親もつらい

夜間断乳ブログなどを読み漁っていると多くのママさんたちが語っているのですが、そりゃあもうおっぱいがもらえない赤ちゃんは声が枯れるほどに夜通し泣き続けます。
この小さい身体のどこにそんな体力があるの!?と思うくらい泣き叫び続けることも。

このように1時間も2時間も3時間も泣き続ける子供に耐えきれなくなったり、近所迷惑を考えてついおっぱいをあげてしまった、というママさんも多いです。

それだけ夜間断乳をするというのは根気がいる作業ですので、お母さんは強い意志を持って臨む必要があります。

子供が精神不安定になることがある

母乳は水分や栄養補給の意味合いのほかにも赤ちゃんの精神安定剤としての役割を持っているといわれています。

今まで心のよりどころとしていたおっぱいがなくなることで子供が精神不安定となり、ママにベッタリ離れなくなったり、トイレなどで少し姿が見えなくなっただけでギャン泣きしたりしてしまうことがあります。

だからといって夜間断乳は悪いことというわけではなく、おっぱい以外でももちろん愛情を伝えたりスキンシップを取ることはできますので、今まで以上にぎゅーっと抱きしめてあげたり笑いかける回数を増やしたり「大好きだよ」と伝えてあげるようにしましょう。

水分不足が心配

夜間断乳をするときに離乳食がまだ1回食や2回食だったり、あまり普段から水分を取らないお子様の場合は夜中の授乳がなくなることによりまれに水分不足になることがあります。

夜間断乳を始めたての頃は寝る前に麦茶や白湯をあげたり、夜中にお子様の唇の渇き具合などを見てあげたりして様子を見るようにしてあげてください。

さいごに一言

今回は夜の授乳を辞めることによるメリットやデメリットについてまとめました。

デメリットもいくつかありますが私はそれよりも夜泣きがなくなり朝までぐっすり寝られるというメリットに非常に引かれ、生後8ヶ月での夜間断乳に踏み切りました。

たしかに最初の3日間は壮絶な夜でしたが、4日目にはすやすやと朝まで寝てくれるようになり、実に幸せな日々を過ごすことができました^^

よろしければチャレンジしてみてくださいね♪

スポンサーリンク
夜間断乳の方法

夜泣きに悩むママさんへ・・・

  • 夜泣きがおさまらなくて辛い・・・
  • 夜中に何度も起きる・・・
  • 寝不足が続いていて辛い・・・
  • 夜泣きの原因がわからない・・・
  • 自分もイライラして泣いてしまう・・・
育児中ってついストレスが溜まってしまう事ありますよね。 私も実際2時間おきに続く夜中の授乳に子どもが8ヶ月になるまでずーーーっと悩まされており、肉体的にも精神的にもつらい時期がありました。
  • なんで私ばっかり授乳のために起きないといけないの!
  • 私だって朝までゆっくり寝たいよ!
  • なんで私にはおっぱいがついてるの・・・?
  • 私がいなくなったら主人は私の辛さに気づいてくれるかな・・・
なんて考えるくらいノイローゼ気味になっていました。 でも、周りにはなかなか辛い気持ちを打ち明けられない… そんな風に悩んでいた私の気持ちをスーッと楽にしてくれたのが、6つの夜泣き対策でした。 私の体験談をたくさんご紹介していますので、よろしければ記事を見てみてくださいね♪
↓↓
>>効果が実感できた6つの夜泣き対策を確認してみる<<
夜間断乳のススメをフォローする
夜間断乳のススメ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました