夜間断乳のやり方 たった3日で成功させた1日のスケジュールや授乳回数は?

スポンサーリンク

よし!夜間断乳しよう!!

と思ったはいいけれど、

  • どういう風に始めたらいいの?
  • どんな流れで進めていくの?
  • 1日のスケジュールはどんな感じなの?
  • お昼の授乳回数は何回くらいがいいの?

など、悩むことも多いですよね。

私が夜間断乳を始めたときの状況は

* 完全母乳
* おっぱい大好き
* ミルクは受け付けない
* 昼間も何度もおっぱい飲む
* 早いと30分くらいでおっぱい欲しがる
* 寝かしつけは絶対おっぱい
* 夜中も2時間ごとくらいに授乳

とこんな感じで、

もうどんだけおっぱい好きなの(笑)
というくらい1日に何回も吸い付いているような状況でした^^;

こんなおっぱい星人の息子でしたが、夜間断乳を始めたらたった3日で見事に成功することができたんです(*^^*)
そのときの手順や1日のスケジュール、授乳回数についてご紹介します。

スポンサーリンク

夜間断乳のやり方

規則正しい生活にする

まずはしっかり昼と夜の区別をつけさせるために1日のスケジュール計画を立てて

  • とにかく夜は寝る
  • 食べたり飲んだりは昼間だけ
  • =夜はおっぱい飲まない

ということを身体で覚えさせる(笑)ことにしました!
毎日ルーチンワークのように繰り返すことで子供の体内時計も正常に働くようになるのか、夜は眠りに入りやすくなります。

夜間断乳をしたときのスケジュール

私が夜間断乳を決行した時期の1日のスケジュールはこんな感じです。

  • 7:00 起きる、授乳
  • 8:00 1回目の離乳食
  • 9:00 遊び
  • 11:00 1回目のお昼寝1時間
  • 12:00 2回目の離乳食
  • 13:00 遊び
  • 14:00 2回目のお昼寝2時間
  • 16:00 遊び
  • 17:00 3回目の離乳食
  • 18:00 お風呂
  • 19:00~20:00 就寝

離乳食は1食分しっかり食べられたわけではないので、1回の量はとっても少なかったです。
それでも1日3食という食事のリズムをつけるためにあまり食べなくても少しずつあげるようにしていました。

スポンサーリンク

夜間断乳中の授乳回数

あと、一番気にしていたこのころの授乳回数ですが、「大体3時間ごとくらいにあげればいいかな~」という私の気持ちとは裏腹に、子供はかなりの頻度でおっぱいを欲しがるような状況でした。

思い通りに3時間くらい空くこともあれば、
さっき飲ませてから30分しか経ってないけど!?

というくらいのタイミングで次のオッパイを欲しがることも多かったです。
でも夜の授乳を我慢してもらう分、お昼の授乳はなるべく好きなだけあげるようにしました。
ただ30分ごとの授乳が何度も続いたりしないように「ちょっとあげすぎかも…」と思った時は抱っこして外を見せてあげたりオモチャで気を紛らわすようにしていました。

寝かしつけをおっぱい以外の方法にする

あと、夜間断乳をする上でもっとも大事なのが、寝かしつけの方法を授乳以外にすることです。

寝かしつけをおっぱいにしている限り、夜中に眠りが浅くなった赤ちゃんは「寝るときにはあったはずのおっぱいがない!」と目覚めてしまいます。

そして再び寝付くために必死でおっぱいを探し、お母さんに泣いて訴えかけてきます。

コレがひとつの夜泣きの原因となります。

そのため、子供の眠りが浅くなった時に泣かないように、
寝かしつけの方法をできるだけ夜寝ているときに近づけるようにするのが大事なポイントです。

夜寝ているときの格好といえばもちろん布団に横になっていることですよね。

なので、寝かしつけのときは子供を布団に横にさせた状態で行うのが基本になります。

でも横になりながらの寝かしつけで「添い乳」というのがありますが、これは寝かしつけ方法が授乳と同じなので避けましょうね。

子供が夜寝ないときの対処法 寝かしつけは生活リズムを整えるとぐっと楽になる!
そんな風に悩んでいるママさんはとても多いです。 どうして子供って大人が寝てほしいときに寝てくれないんですかね^^; 私も息子が1歳くらいの頃は自我も出てきて体力もついてきていたので、なかなか寝ない日々にやきもきしていまし...

横になって寝ついてくれれば夜中に眠りが浅くなって起きてしまっても、
寝かしつけの時と同じ格好になっているので、再び眠りに入りやすくなりますよ(*^^*)

あゆみの一言

夜間断乳を始めるまでには

  • どうやって始めたらいいの?
  • 今まで夜中に授乳していたのに突然夜中の授乳を止めてもいいの?
  • 止める前に言い聞かせをしたほうがいいの?

など、いろいろな疑問が浮かんでくると思います。

私も本当に悩んで迷ってネットや本でいろいろな情報をかき集めて実践してきました。
そのことをこのブログでまとめていますので、ぜひ参考になさってくださいね♪

私のブログで一つでも参考になる情報がありましたら幸いです^^

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました