夜泣きバイバイ!8ヶ月続いた夜泣きが3日でゼロになった方法を体験談でご紹介します♪

  • 毎日毎日夜泣きが辛い・・・
  • 真夜中に何度も起こされて体力の限界・・・
  • 泣き声を聞くとイライラして精神的にもつらい・・・

赤ちゃんはちっちゃくてまるくってふわふわで、本来であればとっても可愛くて愛しい存在(#^^#)

でも、毎日毎日毎日子供の泣き声を聞いているとついイライラしてしまうこともありますよね。。

「もういい加減泣き止んでよ!!!」

なんて怒鳴ってしまってその後自己嫌悪・・・

ママはどうしても子供と二人の時間が長いので、一人で悩んでしまいがちですよね・・・

私もまさにこの状態で、ずーっと一人で悩んで誰にも相談できずにいたし、周りに頼るのは恥ずかしいことだと思っていました(;_;)

  • 「ほかのママさんは一人でも頑張っているのに私はダメな母親だ・・・」
  • 「自分の子どもなのになんとかできないなんて情けない・・・母親失格だ」

私はいつもそう思っていたんです><

 

でも・・・

 

うちの子は今2歳なんですが、今思うと

そんな風に一人で悩む必要なんてどこにもないし、なかったんだということにやっと気づくことができました。

 

今回は私が実際に体験したことから8ヶ月も続いた夜泣きが3日間でゼロになる夜泣き対策や改善法についてご紹介していきたいと思います^^

悩めるママさんの参考になる情報が一つでも見つかりますように・・・

スポンサーリンク

夜泣きが3日でなくなったある方法とはコレ!

息子の夜泣きが3日でなくなったある方法とは、

夜間断乳(やかんだんにゅう)」という方法でした。

 

私の夜間断乳の体験記はこちらで紹介していますが、

>>夜間断乳初日の体験談 もう2度と体験したくない!ものすごいギャン泣きと寝不足・・・

 

なかには

「あ~聞いたことあるけど興味ないや・・・」
とか、
「まだ断乳なんて考えていないよ~」

 

と、もしかしたら思われる方がいらっしゃるかもしれません^^;

 

でも私は夜間断乳以外にもいろいろと試してみて実行してきたので、その方法についてもご紹介したいと思います。

きっと一つでもお役に立てるものが見つかるかと思いますので、お時間が許すのであれば、ぜひサラーっといいので、読み進めてみてくださいね♪

1日の生活スタイルを変えてみよう

子供の夜泣きの原因はわかっていない部分も多いですが、「昼と夜の区別がついていないこと」が夜泣きの大きな要因とも言われています。

大人であれば通常夜中に突然泣いたり暴れたりはしませんが、赤ちゃんは昼夜構わず泣いてしまいますし、急に暴れて泣き叫ぶこともありますよね。

 

「は!急に何~~~( ;∀;)!?」

 

なんて思ってしまう事も。

 

その理由は何かというと、大人は「朝昼は元気に活動する、夜は静かに寝る」ということが長年の経験から体に染み付いていますが、
まだ生まれて間もない赤ちゃんにはこのことが染み付いていないかららしいんです。

 

なので、昼夜構わず泣いたり叫んだりしてしまうんですね~><

 

そのため、昼と夜のメリハリをつけるためにも昼間はできるだけ元気に遊ばせるようにしましょう!

うちはなるべくうるさい??ところに行こうと思って、子供たちが良く集まっている公園などに良く連れて行っていました。

昼間は元気な空間に身を置くようにし、夜は自宅で静かに過ごすことができれば、昼夜のメリハリはどんどんついていくようになりますよ^^

 

眠りに入りやすい環境を作る

昼とはちがって夜は「静かに眠る時間」だと赤ちゃんにわかってもらうため、

暗くなってきたらなるべく静かな部屋、空間を作り、
電気は暗めの照明にし、静かに寝る準備に入りやすい環境を作ってあげる

ようにするのがいいと思います。

 

もともとヒトは暗くなると自然と眠くなるようにできているらしいので、暗めの明かりにして静かにしているのがいいんですって!

まだ小さな赤ちゃんだとなかなか自然と眠りにつくのは大変なのですが、毎日毎日「夜になったら照明を暗くして静かにする」ということを続けてあげると子どもも自然と「暗くなってきたらなんだか身体がふわふわしてきたぞ」と眠りに入りやすくなるんじゃないかと思いました。

なので、私は見たいテレビがあっても我慢我慢!子供と一緒にお布団の部屋でゴロゴロしながらお話しするようにしていましたよ~^^

毎日規則正しい生活を送る

さらに昼と夜の区別を子供につけさせるために私が行ったのは、

  • 毎日同じ時間に起こして、
  • 同じ時間に外に遊びに行って、
  • 同じ時間にご飯をたべて、
  • 同じ時間にお風呂に入って、
  • 同じ時間に寝る

という事を毎日毎日繰り返すことでした。

生後8か月くらいだと目に見えて効果が現れる、ということは残念ながらありませんでしたが、もう少し子供が大きくなった時に規則正しい生活が功を奏してくれるだろうと信じて・・・!

 

実際に、息子が2歳になった今はお風呂に入ったあとは自分から寝室に入っていくようになり、歯磨きしようとせかし、歯磨きが終わって少しするとゴロゴロして眠そうにすることが多くなってきました♪

 

シシシ・・・思惑通りです( *´艸`)

 

規則正しい生活をするって大事だな~と思った瞬間でしたよ^^

寝る前にはたくさん愛情を伝えてあげる

夜泣きをする原因として私は「昼間に起きた辛いことや大変だったことを思い出して泣くこともあるんじゃないか」と思っています。

昼間にたくさん遊んで二人でいっぱい笑ったときにはなんとなく夜泣きが少ない気がしたし、

私が子供に疲れてイライラしているときはなんとなく夜泣きも多くて「また泣いてる!」と思うことが多かったように思います。。><

 

そこで私はたとえ日中イライラすることがあっても、夜寝る前には必ず

  • 今日も元気に遊べてよかったね
  • ママと一緒で楽しかったね
  • また明日もいっぱい遊ぼうね
  • 大好きだよ、ぎゅー!

といっていっぱいいっぱい愛情を伝えるようにしていました。

スポンサーリンク

 

劇的な効果があった!!

・・・

のかはわかりませんが^^;
なんとなくそうしておくと自分も穏やかな気分になれましたし、穏やかな気持ちの母親が隣にいれば、子供も安心して寝付きやすくなるんじゃないかと思ったんです。

ママにやさしい声で語りかけられて、抱きしめられるのをいやがる子供なんていないですからね(*^^*)

助産師さんに勧められた夜泣き改善法

子どもの夜泣きはある程度ママが耐えられる精神力を保っていないと乗り切るのは難しいと思います。

私の母の知り合いに助産師さんがいるのですが、その助産師さんに夜泣き対策を聞いてみたところ、「毎日10分でもいいから自分のリラックスタイムを設けること」といわれました。

この助産師さんはやっぱりたくさんの新人ママさんから相談を受けるらしいんですけど、このことを一番におすすめするんですって。

 

リラックスといえば、好きな音楽をゆっくり聞いたり、マッサージを受けたり、買い物でストレス発散!というのを思い浮かべる方も多いと思うのですが、これって独身時代ならまだしも、育児中に行うのってなかなか難しいですよね^^;

そんな話をしていたら、その助産師さんから「子育ての合間に”温かい飲み物を飲む”だけでもリラックスできるんだから~ハーブティーとかおすすめよ!試してみて!」といわれました。
ハハ~ンなるほど!

たしかにあったかいお茶とかズズーっと飲むと癒されますよね~♪

 

でも。。。

 

ん?まてよ。

 

ハーブティーって・・・

 

紅茶ってカフェイン入っているけど授乳中に飲んでいいの!?

と思いませんか?^^;

 

助産師さんいわくハーブティーって海外では夜泣き対策として飲まれているらしいんですけど
でも、

「紅茶は大好きだけどカフェインが入っているから・・・」ということで、妊娠中や授乳中は避けていたというママさんも多いと思います。

私もそう思っていたんですが、調べてみると、ちゃんと授乳中のママでも飲める「カフェインレスのハーブティー」があるんですね!

 

紅茶好きの女子って多いもんな~最近はなんでもあるんだな~・・・と変に感心してしまいましたw

 

いろいろハーブティーについて調べていたらなんかすっごく口コミのいい紅茶も見つけてびっくりしました。

夜泣きが軽減されるんですって!

 

「本当かな~???」

 

とかなり半信半疑でしたが、1杯32円か~と思ってついお試し買いしてしまいましたw

暖かい飲み物って小さい赤ちゃんがいるとこぼしそうで怖くて今まで飲めなかったんですが、ふたのしまるマグボトルに入れておけばいいんですよね^^

そうすれば子供が万が一ぶつかっても熱い飲み物をこぼす心配もないですし、子育て中にわざわざお湯を沸かして1杯ずつ淹れる必要もないかららくちん♪

私は朝多めに淹れて、あとは飲むだけ、という状態にして良くあったかいハーブティーを飲んでいました。

ママがリラックスすればなんとなく子どももリラックスして夜泣きも落ち着いてくるんじゃないかな~と、淡い期待も込めて。

もしかしたら気休めかもしれませんが、、

毎日の飲み物として「温かい飲みもの」を取り入れてリラックスしてみてくださいね~^^

夜泣きは本当に3日でなくなるのか?試してみた結果は・・・?

私は以上のことを夜間断乳とあわせて行ってきたのですがさすがに夜間断乳1日目はほとんど効果がなく・・・

夜泣きしたときにいつもすぐおっぱいをあげていたのをこの日から拒否するようにしたら、(案の定ですが)猛烈にギャン泣きされて暴れまくり・・・

ほとんど寝ずにずーーーーーーーーーっと泣いていたので、それはもう地獄のような夜でした・・・((+_+))

 

「こんなんで本当に夜間断乳成功するのかな?」

なんて初日にして不安に思いましたが、

「ここで負けたらすべてやり直しだ!がんばろう!!」

と思い、私も泣きながら耐えて夜を明かしました。(T_T)

>>夜間断乳初日の様子

 

2日目は多少1日目より泣き方や泣く時間が短くなってきたもののあまり1日目とは変わりませんでした。

>>夜間断乳2日目の様子

 

でもとうとう迎えた3日目には劇的な変化が起こったんです!!!

寝かしつけの段階からめちゃくちゃ楽で、「えっ!もう寝た?」という感じでしたし、寝た後も次に起きて泣いたのは朝の4時でした!

 

>>夜間断乳3日目の様子

 

「いや~♪すごい!夜間断乳すごい!寝られるって幸せ♪」

 

と感激( *´艸`)。

 

朝の4時って普通に考えると早いですが、子どもはこのとき夜20時に寝てくれていたので、8時間も寝られたことになるんです^^

新生児のころから生後8ヶ月になるまで一度も夜に起こされずに寝られたことがなかったので、このときの感動ったらなかったです(*´▽`*)♪

さいごに一言

このようなながれで夜間断乳成功にこぎつけた私でしたが、夜間断乳初日はかなりきつかったです><

でも思い返してみると3日間で8ヶ月間悩まされていた夜泣きがなくなり、寝かしつけも本当に楽になりました。

うちの息子は今2歳で(一応)いやいや期真っ最中の時期ですが、夜泣きに悩まされていた時期に比べるとかなりストレスフリーな生活ができています。

今思うと「めちゃくちゃ大変だったのって1歳になるまでだったかもなぁ・・・」とおもうので、あなたが辛い思いをしているのもきっと長くは続かないと思います^^

育児で大変なママは家事にはちょっと手を抜いて、息抜きすることも大切ですので、温かい飲み物でほっと一息ついてこれからの子育てを前向きに考えていきましょう♪

スポンサーリンク
夜泣き対策

夜泣きに悩むママさんへ・・・

  • 夜泣きがおさまらなくて辛い・・・
  • 夜中に何度も起きる・・・
  • 寝不足が続いていて辛い・・・
  • 夜泣きの原因がわからない・・・
  • 自分もイライラして泣いてしまう・・・
育児中ってついストレスが溜まってしまう事ありますよね。 私も実際2時間おきに続く夜中の授乳に子どもが8ヶ月になるまでずーーーっと悩まされており、肉体的にも精神的にもつらい時期がありました。
  • なんで私ばっかり授乳のために起きないといけないの!
  • 私だって朝までゆっくり寝たいよ!
  • なんで私にはおっぱいがついてるの・・・?
  • 私がいなくなったら主人は私の辛さに気づいてくれるかな・・・
なんて考えるくらいノイローゼ気味になっていました。 でも、周りにはなかなか辛い気持ちを打ち明けられない… そんな風に悩んでいた私の気持ちをスーッと楽にしてくれたのが、6つの夜泣き対策でした。 私の体験談をたくさんご紹介していますので、よろしければ記事を見てみてくださいね♪
↓↓
>>効果が実感できた6つの夜泣き対策を確認してみる<<
夜間断乳のススメをフォローする
夜間断乳のススメ
トップへ戻る