赤ちゃんの早起きはいつまで続く?辛い早起きを改善する方法

スポンサーリンク

まだ赤ちゃんなのに・・・

  • 超がつくほどの朝早起き!
  • 3時とか4時に起きてきて全然寝ない!
  • どうしてこんなに早く起きるの?
  • これっていつまで続くの?
  • もっと寝てほしい
  • 睡眠不足で辛い・・・

私は子供が赤ちゃんのころ、超早起きには散々悩まされてきました。

昼間はたっぷり遊ばせているのに…
夜寝る時間を遅くしてみたのに…

なんで全然寝ないの!!??

とイライラしてしまう事も。

でも今ではちゃんと寝られるようになって朝6時半に自分で勝手に起きてくれるという規則正しい生活をしてくれています^^

今回は赤ちゃんの早起きはいつまで続くの?辛い超早起きを改善する方法を、そこに至るまでの経緯などとともに体験談でご紹介します♪

スポンサーリンク

赤ちゃんの早起きはいつまで続く?

私の息子は約8ヶ月の時まで夜中も2時間ごとに授乳をしている状況だったのですが、夜間断乳を行ってから夜に起きなくなり、私も息子もぐっすり寝られるようになりました。

嬉しい~~♪と思ったのもつかの間、その代わりに朝4時(早いときは3時台・・・)に起きる超早起き赤ちゃんになってしまったんです( ;∀;)

超早起きは1歳になるまで続いた…

朝4時台に起きる超早起きはなんとここから4か月、子供が1歳をすぎるまで続きました。

夜は早く寝ていて6時間睡眠は確保していた私ですが、4か月もの間朝4時台に起きるのはかなりつらかったです><

赤ちゃんの早起きが辛いときの対処法

子供が早起きすぎるときの対処法としてはやはり朝方までぐっすり寝られるような環境や状況を作ってあげることが大切です。

  • 夜や朝方はなるべく静かにする
  • 昼間はたくさん遊ばせてなるべく疲れさせる
  • 昼寝は夕方16時までには切り上げてできれば少し短めにする
  • 朝日が部屋の中に入らないように遮光カーテンを取り付ける

などが対策として有効と言われています。

でも、残念なことにうちはどれも失敗してしまったんですよね。。^^;

たぶん朝起きたらすぐに授乳していたのが悪かったんだと思うんですが、大人だって朝ご飯食べた後に「じゃあおなかいっぱいになったし、お布団に入って寝てください」と言われても、なかなか寝付けないですよね。

もし赤ちゃんが起きてすぐ授乳してしまっているママさんは朝母乳をあげないことで子供がもう少し長く寝てくれるかもしれませんよ^^

スポンサーリンク

赤ちゃんの早起きが改善!私はこれで成功した!

冒頭でうちの息子は1歳になるまで超早起きが続いたとご紹介しましたが、なぜ1歳の時に早起きがなくなったのかというと、断乳をしたからだと思います。

1歳で保育園に入園するのを機に完全断乳をしました。

そして、保育園様のおかげで朝・昼・晩のリズムができてきて、体内時計もしっかりしてきたんじゃないかと思うんですよね。

今は2歳になりましたが、毎日目覚まし時計がなくてもちゃんと6時半に起きてくれるようになったので、(本当にきっかり6時半なんですよね。子供の体内時計って本当正確です!( *´艸`))私も寝坊しなくて済むし、寝過ぎのような遅い時間でもないし、とても助かっています^^

そう思うと早起きすぎるのを改善するには「子供の1日のスケジュールをちゃんと整えてあげる」こともとても大切だなと思っています。

それでも早起きすぎるときは?

以上のことをためしていただいてもやっぱりまだ朝早起きすぎる…というときはもしかしたら超朝型赤ちゃんなのかもしれません^^;

ショートスリーパーの方のようにあまり寝なくても普通に生活できる体質なのかもしれないですね。

ちなみにショートスリーパー(短眠者・たんみんしゃ)の定義とは

子どもの場合、その年齢にふさわしい睡眠量より少なくとも3時間少ない
※参考:ショートスリーパー:短時間睡眠者の特徴

というものらしいです。

その年齢にふさわしい睡眠量とは

1〜3歳 12〜14時間
4〜6歳 10〜13時間

※参考:年代別・子供の平均睡眠時間の理想

といわれていますので、1〜3歳であれば1日9時間~11時間、4〜6歳であれば7〜10時間の睡眠でも日中眠そうにすることなく、元気に過ごせている場合はショートスリーパーの傾向があるのかもしれません。

あゆみの一言

ただ、子供のうちはまだ1日の生活リズムを作っている途中でもあります。
月齢の低いうちから「うちの子は寝ない子なんだ・・・」と思っているとふとした時から朝寝坊君になってしまう事もあるかもしれません。

どちらかというと朝起きなくて無理やり起こす毎日より、朝早く一人で起きてくれる毎日のほうがあとあと楽かと思いますので、赤ちゃんのうちはあなたも早めに寝るようにして上手に付き合っていきましょう。

おとなしい子もいれば騒がしい子もいるように、睡眠に対しても「この子の個性だ」と思えるようになると心が楽になってきますので、あまり思いつめることはないようにしましょうね^^

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました