8ヶ月で赤ちゃんの夜間断乳成功!たった3つのコツでママも子供もぐっすり眠る方法

スポンサーリンク

子供が8か月の時、私は夜泣きと夜間の授乳に悩まされており、精神的におかしくなりそうになっていました(>_<)

そこで夜な夜な見ていたのが「夜間断乳」のブログ。

  • 子供がぐっすり寝てくれる
  • 夜泣きがなくなる
  • 離乳食もモリモリ食べてくれる

このときの私にとって夢のような話が書かれていた夜間断乳という行為に心を奪われました。

実際に夜間断乳を行ってみて、嬉しいことに↑に書かれている全ての効果を得ることができたのですが、

やってみて思ったのは夜間断乳はちゃんと心の準備をしてから行わないと失敗するんじゃないかということ。

酷なようですが軽い気持ちでやろうとすると成功しないことが多いです(>_<)

 

そこで今回は実際に体験した私が思う、夜間断乳をする上でのとっても単純な3つのコツをお伝えしたいと思います(*^^*)

このコツを掴めば夜間断乳成功にぐっと近づきますよ♪

スポンサーリンク

夜間断乳成功への道1 生活リズムを整える

夜間断乳に限らずですが、夜泣きをなくすためには子供の生活リズムがある程度整っていることが大切!

夜泣きをしてしまうのは夜と昼の区別がついていないというのが一つの要因なんです(>_<)

「夜は静かに寝る」という単純なことですが生まれて何年も経っていない赤ちゃんにとっては理解するまでに時間がかかります。

そこでママやパパ、家族の方が赤ちゃんを助けてあげて、夜は部屋を暗く静かにしてあげて赤ちゃんを眠りに誘ってあげようにしましょうね(*^^*)

赤ちゃんだって大人の気持ちが分かる!優しく言い聞かせよう

  • 朝→起きる
  • 昼→遊ぶ
  • 夜→寝る

のサイクルがきちんと整っていると子供は「夜暗くなってきたからそろそろ寝る時間だな」と学んでいきます。

「子供はまだ赤ちゃんだから大人のいうことなんてわかっていないだろう」
と思ってしまいがちなんですが、子供は本当に賢いです^^♪

言葉がわからなくても空気がわかる!

お母さんの気持ち(夜はいい子に寝てほしい、夜泣きはしないでほしいなど)は子供に絶対に伝わりますので、根気強く行いましょうね♪

 

ねんねまでのリズムが1週間で完成!

夜間断乳をするときにはこれらのことに気をつけながら過ごすようにしていました。

 

夜暗くなってくると必ず
「お外真っ暗になってきたね。そろそろご飯食べてお風呂入って寝る準備しようか」と
伝えるようにしました。

夜間断乳をしたとき息子は生後8ヶ月だったので分かっていたのかは定かではありませんが^^;

 

ちなみにうちは寝るまでのサイクルが、夕飯→お風呂→授乳→ねんねまで遊ぶ→寝るという感じだったのですが、

同じサイクルで毎日過ごしているうちにお風呂から上がったくらいの時間から子供が目をごしごししたり、目がとろーんとするようになってきたんです。

えっ?もしかして眠いの?!

って嬉しくなりました(*゚▽゚*)♪(笑)

 

ここまで大体1週間くらいだったと思います。

たった1週間とはいえ、ちゃんと習慣がついてきてたので「子供の順応能力って本当にすごい!」と思った瞬間でした。

子育てってちゃんとすればこんなに思い通り?になるんだなー楽になることもあるんだなーとさえ思いました^^

スポンサーリンク

夜間断乳成功までの道2 寝かしつけの方法を考える

生活リズムを整えると同時に考えなければいけないのが、寝かしつけの方法です。

今までうちの息子はおっぱいで寝おちしてから布団に下ろして寝かせるという方法だったのですが、
それだと夜中に眠りが浅くなってしまったときに「おっぱいがない(T_T)!」と気づいて泣いてしまうんですよねー…

 

そうなるともうおっぱいをあげないと泣き止まない…

 

夜中に騒がれたら近所迷惑も気になります^^;

今思うと、寝落ちさせた後そーっと布団においてもすぐに「ピクッ!」となって起きてしまうときも多かったので、
これも「おっぱいがない!」と気づいての行動だったのかもしれません。

背中スイッチっておっぱいスイッチだったのかなぁ??

そう思い出してから私はおっぱい以外での寝かしつけ方法を探し始めることにしました。

でも…なかなか上手くいく寝かしつけの方法が見つからなかった

授乳しながらの寝かしつけをやめようと思ったときに、最初はねんねの絵本を使ってみたり子守唄を歌ってみたり、
子宮の中の音を聞かせるアプリを聞かせてみたりしましたが全然効果はなく…(T_T)

 

寝るどころかなぜか元気になってしまってあちこち動き回ったり、「まだ寝たくないよ〜〜!」と寝かそうとすると泣いてしまうようになったんですよね。

 

完全に逆効果…

 

子供の隣で寝たふりをしてみたり、おっぱいがわりに水やお茶を飲ませてみたりしましたが、そもそも口にすら入れてくれず…

私が寝たふりをすると「あー!あー!」と騒いで起こそうとするし、それでも起きないと「ぎゃー!」と泣きながら私に訴えてきました・・・><

まーったく効果なし、、でお手上げ状態でしたよー…

秘技!あゆみは背中スリスリを覚えた!

でもいろいろな寝かしつけを試していく中でやっと…

やっと!

子供が落ち着いてくれる方法を発見したんです!

 

 

それが

 

 

 

背中スリスリ〜〜!!o((=゚エ゚=))o

(ドラえもん風)

でした♪

 

うちの息子はよくある背中トントンは嫌いみたいで、「やめろーっ!」っていう感じで避けるしぐずるしで全然寝てくれなかったのですが、
添い寝して背中をスリスリしてあげると落ち着くのか、布団にゴロンしてむにゃむにゃするようになってきたんです。

この背中すりすりを毎日続けていると、なんと嬉しいことに
背中をスリスリしているだけで眠ってくれるようになったんです(*^^*)

初めておっぱいをあげずに背中スリスリで寝てくれた時は「えっ!うそ、まじで!?寝たの!?(*゚∀゚*)」って感じで、嬉しいというよりびっくりしました。

 

背中スリスリなら私も寝ながらできるし、抱っこより疲れにくいのでとっても楽で、なんだか必殺技を身につけたような気分になりました^^

それからは寝る前に布団に横になって背中スリスリをするのが息子の入眠儀式になりました。

夜間断乳成功への道3 母親が強い意志を持つ

私が夜間断乳をするにあたって一番重要だと思っているのがこれです。

夜間断乳を成功させたいなら母親が強い意志を持ち、「絶対におっぱいをあげない!」と強く誓って断乳に挑戦する必要があります。

夜間断乳は途中で根負けして子供に授乳してしまったら即失敗です。
子供にギャン泣きされても声が枯れても夜中じゅう泣き続けてもおっぱいをあげないというママの強い意志が大切です。

※もちろんお子様の体調が悪そうな時は避けてくださいね。

ギャン泣きに負けて授乳してしまったらまた挑戦するときには最初からやり直しになるので、子供の精神的にも親の精神的にもかなりつらいです。

断乳すると決めたら
ママも泣き声に負けずにぜ~~~ったいにおっぱいはあげないから●●くん(ちゃん)も頑張ろうねっ!
と心に決めて臨みましょうね。

さいごに一言

私は夜間断乳を始めるまでは2時間ごとの授乳が当たり前だと思っていたのですが、
ある日育児相談会で出会った助産師さんの言葉で夜間断乳を決意することに決めました。

3日で夜間断乳を成功させた私が考える成功のコツは

  • 生活リズムを整える
  • 寝かしつけの方法を考える
  • 母親が強い意志を持つ

のたった3つです。

この3つの方法を念頭において夜間断乳にチャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク
夜間断乳の方法

夜泣きに悩むママさんへ・・・

  • 夜泣きがおさまらなくて辛い・・・
  • 夜中に何度も起きる・・・
  • 寝不足が続いていて辛い・・・
  • 夜泣きの原因がわからない・・・
  • 自分もイライラして泣いてしまう・・・
育児中ってついストレスが溜まってしまう事ありますよね。 私も実際2時間おきに続く夜中の授乳に子どもが8ヶ月になるまでずーーーっと悩まされており、肉体的にも精神的にもつらい時期がありました。
  • なんで私ばっかり授乳のために起きないといけないの!
  • 私だって朝までゆっくり寝たいよ!
  • なんで私にはおっぱいがついてるの・・・?
  • 私がいなくなったら主人は私の辛さに気づいてくれるかな・・・
なんて考えるくらいノイローゼ気味になっていました。 でも、周りにはなかなか辛い気持ちを打ち明けられない… そんな風に悩んでいた私の気持ちをスーッと楽にしてくれたのが、6つの夜泣き対策でした。 私の体験談をたくさんご紹介していますので、よろしければ記事を見てみてくださいね♪
↓↓
>>効果が実感できた6つの夜泣き対策を確認してみる<<
夜間断乳のススメをフォローする
夜間断乳のススメ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました