産後の胸の張りに 冷やす場所と正しい冷やし方!痛みが治まって楽になる!

スポンサーリンク
  • 母乳でおっぱいが張ってしまって辛い…
  • 冷やすといいって聞くけどどうやって冷やせばいいの?
  • 場所はおっぱいのどこを冷やすといいの?

母乳による胸のトラブルはいろいろありますが、母乳過多による胸の張りも悩みの一つですよね。

今回は母乳で胸が張って辛いときの冷やす場所と冷やし方についてご紹介します^^

このように冷やすと痛みがスーッと治まってとっても楽に過ごせますよ♪

スポンサードリンク

母乳の張りの冷やし方

胸が張る時の冷やし方ですが、助産師さんに

保冷剤をずっと手で持って当てていてもいいけど結構大変だから、授乳ブラなどがあれば、そこの母乳パッドを入れる部分とかにタオルにくるんだ保冷剤を入れておくと楽だよ、
と教えていただきました。

たしかに授乳ブラに装着しておくと、両手が使えるので便利ですので、お持ちの方はぜひ使ってみてくださいね^^

あと、もし自宅に保冷剤がないときは二重にしたビニール袋に5~6個の氷を入れ、それをタオルでくるんで当ててもよいとのことでした。

あとは冷えすぎなければ冷えピタを使ったり、濡らしたタオルを使うだけでもいいといわれたので、あなたの「気持ちいい」と思える冷やし方を見つけてみてくださいね^^

おっぱいを冷やすときの注意点

ただ乳房を冷やすときには注意するべき点もあります。

私は助産師さんに

  • これは一時的に痛みを和らげる方法なので、冷やすのを止めると痛みがぶり返すことがあるし、
  • 冷やし過ぎても母乳が出なくなったり軽い凍傷になってしまう可能性があるので、冷やし過ぎには注意してね

といわれましたので、注意しましょうね。
 

スポンサードリンク

母乳で張るときは冷やすといいのはなぜ?

母乳が出過ぎておっぱいが張る時に冷やすといいといわれるのはなぜかというと

  • 張りによる痛みを和らげる効果
  • 感覚的に気持ちいいと感じられること
  • 母乳の分泌を抑えるため

といわれています。

ただ、母乳の分泌を抑えるということは授乳をまだまだ続けるママさんにとってはマイナス面もあり、冷やし過ぎると母乳が出づらくなってしまう事もあります。

また、乳房を冷やすことで体全体が冷えて風邪をひくことがないように配慮するようにしましょう。

母乳での張りを抑える冷やす場所はどこが効果的?

では、具体的に乳房のどこを冷やすといいのでしょうか?

私は直接産婦人科を受診したときに助産師さんに聞くことができたのですが、このときに言われた冷やし方は

保冷剤をタオルにくるんで痛みの出ている部分に当て、「ひんやりして気持ちいい~」と感じるくらいの冷たさでゆっくり冷やしていくと良い

と教わりました。

たしかにおっぱいがジンジン痛むときにはタオルでくるんだ保冷材で痛む部分を冷やすと痛みがスーッと和らいでいく感じがしましたし、
あとあと母に「胸が張って痛い(;_;)」とメールしたときも「ちゃんと冷やすんだよ!」といわれたので、この方法って昔ながらの方法なんだな~と思いました^^

【断乳・卒乳後の胸が大幅サイズダウン!ペチャパイを防ぐ方法】
これは今授乳中のママさんにとってはとっても衝撃的だと思うんですが・・・

赤ちゃんがおっぱいを卒業したらあっという間にペチャパイになります!!(笑)

私も一人目の育児の時に胸のサイズが2サイズくらいアップして「わーい♪巨乳~~~♪♪」なんて喜んでたんですが、授乳が終わったら
「え?何コレ!?「無(む)」じゃんっ∑(´;□;`)!!!」
というくらい胸がなくなりました・・・・・・(T_T)(T_T)(T_T)

身体に「ポチ」だけ残ってるみたいな(笑)

ポチだけになったあとに焦って「断乳 胸 なくなる」とかで調べたところ、授乳・卒乳後にペチャパイにならないためにはちゃーんとケアしないといけないことを知りました(>_<)

そのために手軽にできるケアのひとつが『ナイトブラ』とのことだったんですが、今までそんなの使ったことがなかった私・・・

断乳(&胸の急速なしぼみ(泣))を機にナイトブラのあれこれについて色々と調べてまとめてみました!

少しでも女性らしさを忘れたくない・・・

旦那さんに「オンナ」として見られたい・・・

というママさんはぜひ、チェックしてみてください。

▶断乳後・卒乳後のペチャパイを改善!ナイトブラの選び方・効果・おすすめ・ランキング記事一覧をチェック!

母乳で張るときには圧抜きもおすすめ!

また、おっぱいが張って痛いときは痛みが少し楽になるくらいに「圧抜き」をして母乳を抜いておくといいわよ。と言われました。

この時の私は

「ナニ?アツヌキって???( ゚д゚)ポカーン」

という感じだったので、その圧抜きの方法についても助産師さんに聞いてきました!
※続きはこちら
https://yakandannyuu.com/256.html

スポンサードリンク

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました