断乳後に病院へ行かないのはアリ?自分でケアするときのメリットとデメリット

  • 断乳後ってオッパイのケアが必要みたいだけど必ず病院に行かなきゃだめ?
  • 自宅で自分でケアしたらダメなの?
  • 自分でやることのメリットやデメリットってあるの?

断乳や卒乳のあとにはおっぱいケアをしておくと良いと言われていますが、病院へ行ったほうがいいのか、それとも自己流でやってもいいものか迷うことってありますよね。

今回は断乳後の母乳ケアで病院へ行く必要があるのか?自分で絞るのはどうなのか?メリットデメリットについてご紹介します。

私が助産師さんに聞いた体験談ですよ^^

スポンサーリンク

断乳後に病院へ行かないのはあり?

断乳はおっぱいの生産量がまだ多いうちに授乳を止めることが多いので母乳の生成量に対し、外に出て行く量が少なくおっぱいが張ってしまうことも多いです。

おっぱいが張りすぎると痛みが発生して、ひどいときには何もしていなくてもズキズキ痛むことがあります。

私は断乳後すぐに病院には行かず、張りを我慢していたんですが、そのうち腕をあげるだけでも痛いことという状態になってしまい、結局母乳外来にかかることになりました。

母乳外来の助産師さんに聞くと、断乳後におっぱいをそのまま放っておくと将来乳腺炎になってしまったり、乳腺が詰まって次の赤ちゃんを育てるときにオッパイが出にくくなったりするなどのリスクが高まるそうです。

そのためにはやはり病院へ行って、母乳が詰まってないか見てもらったり、母乳を絞って乳房の中を空っぽにしておくなどして、母乳のプロである助産師さんに診察してもらうと安心です。

スポンサーリンク

断乳後自分でケアしてもいい?

でもなかなか子育てをしていると病院へ行く時間がなかったり、小さい子供がいるのでなるべく病院へは行きたくないと思われることもあると思います。

そんなときは圧抜きやおにぎり絞りなど、自分でできるおっぱいケアもありますのでぜひご自身で試してみてください^^

圧抜きとおにぎり絞りのやり方

圧抜きは自分で乳首の周りを押すようにしておっぱいの中の圧を抜くように母乳を出して行く方法、
おにぎり絞りはおっぱいを両手で包み込むようにしておにぎりを握るときのように母乳を搾り出すことです。

★圧抜きの詳しいやり方はこちら

断乳後の圧抜きのやり方 母乳が張り痛いときの簡単な対処法
母乳育児本当にお疲れさまでした^^ 断乳にせよ卒乳にせよ、赤ちゃんに授乳するという大きな役目を終えたオッパイに必要なのが、お母さんのおっぱいケア。 放っておくと痛みが出たり母乳が詰まったりして乳腺炎になってしまう事もあり...

★おにぎり絞りの詳しいやり方はこちら

断乳後のケアを自分で!絞り方やスケジュールをご紹介!
私も息子の断乳後はおっぱいの張りが痛くてツラすぎて大変でした(>_<) 断乳後のケアは病院などで行ってもらうこともできますが、1回数千円の処置料金がかかりますので、できるなら時間もお金も節約したいですよね^^; ...

断乳後のケアを自分でやることのメリットデメリット

断乳で母乳をあげなくなったあとは自宅でケアすることもできますが、自分でおっぱいケアをすることにはメリットもデメリットもあります。

自分でできるので病院に行く必要がないことと育児の合間に手軽に好きな時間に絞ることができるのは子育てママにとって大きなメリットです。

ただしやはり専門家ではない私たちがおっぱいケアをしても完璧な処置ができるとは限りません。

それどころかネットの情報などを間違って解釈してしまって逆に張りがひどくなったり乳腺がつまってしまったりすることもあります。

たとえば、断乳後のおっぱいケアは「できるだけ母乳は絞らずに過ごすと良い」と書かれていることが多いのですが、絞らずに待つのは3日ほどで良いそうです。

そこを「できるだけ長く絞らない方がいいんだ!」と解釈してしまい、4日以上放置してしまうと逆に乳腺が古い母乳で詰まってしまって、炎症を起こす可能性もあるそうです。

また、重症なケースとして乳管が詰まってしまいそれを針で刺して抜き取るという聞くだけで乳首が痛くなりそうな処置が必要になる可能性もあります。

あまり母乳を出さずに過ごすのはたしかに母乳が作られにくくなることにつながりますが、母乳を出さなさすぎるのもいけません

断乳直後でも少しでも胸の張りがキツイことがあったら無理をせず圧抜きなどで母乳を出してあげたり、
4日以上経ったら2〜3日に1回は母乳を絞って少しだけ出してあげるようにすると乳管が詰まってしまうリスクを下げることができます。

迷うときはぜひに出産された病院や近くの助産院、母乳外来に連絡してみてくださいね。

応急処置的なことを教えてくれることもあります。

さいごに一言

断乳後の適切なオッパイケアは非常に大切です。

必ずしも病院にかかる必要はありませんが、自分で処理するのはメリットもデメリットもあります。

無理をせず困ったら一度出産された病院や近くの助産院、母乳外来にお電話してみるとアドバイスをいただけることがありますので、ぜひ活用しましょう。

スポンサーリンク
おっぱいトラブル

夜泣きに悩むママさんへ・・・

  • 夜泣きがおさまらなくて辛い・・・
  • 夜中に何度も起きる・・・
  • 寝不足が続いていて辛い・・・
  • 夜泣きの原因がわからない・・・
  • 自分もイライラして泣いてしまう・・・
育児中ってついストレスが溜まってしまう事ありますよね。 私も実際2時間おきに続く夜中の授乳に子どもが8ヶ月になるまでずーーーっと悩まされており、肉体的にも精神的にもつらい時期がありました。
  • なんで私ばっかり授乳のために起きないといけないの!
  • 私だって朝までゆっくり寝たいよ!
  • なんで私にはおっぱいがついてるの・・・?
  • 私がいなくなったら主人は私の辛さに気づいてくれるかな・・・
なんて考えるくらいノイローゼ気味になっていました。 でも、周りにはなかなか辛い気持ちを打ち明けられない… そんな風に悩んでいた私の気持ちをスーッと楽にしてくれたのが、6つの夜泣き対策でした。 私の体験談をたくさんご紹介していますので、よろしければ記事を見てみてくださいね♪
↓↓
>>効果が実感できた6つの夜泣き対策を確認してみる<<
夜間断乳のススメをフォローする
夜間断乳のススメ
トップへ戻る