離乳食を食べない子を保育園に預けて大丈夫?離乳食が進まない子は断乳させるといい?

スポンサーリンク

今度子供が保育園に通うんだけど・・・

  • 離乳食を全然食べてくれない!
  • こんなんで保育園に預けて大丈夫なの?
  • 保育園に入る前に何かアドバイスが欲しい!!

保育園という今までにはなかった環境に預けることになると子供だけではなく、親の方も心配になってしまう事ってありますよね。

先日9ヶ月で保育園に通い始めるという子供を持つ友達から「うちの子完母で、離乳食をあんまり食べてくれないんだけどこれで保育園に預けても大丈夫なの?入る前にいろいろ練習させるべき?」と相談を受けました。
今回はそのことについてお話していきたいと思います^^

スポンサーリンク

離乳食を食べない子を保育園に預けるという不安

保育園は今まで24時間お母さんと付きっ切りでいた子供にとって未知の世界となりますが、子供を初めて預けるママさんにとっても保育園は未知の世界ですよね。

私も息子を1歳で初めて保育園に預けるときには「自分の時間ができる♪」という嬉しさ半面、「ちゃんと無事に過ごせるかな…」という不安も多くありました。

うちの子もあまり離乳食を食べない子で、好きなものはもりもり食べるけどそれ以外はぷいっとしてしまってしまいには遊んでしまう始末。

なかなか思うようにご飯を食べてくれずに色々と悩みました。

しかも保育園だとおうちと違って給食の時間が終わると食事を下げられてしまうので、給食の時間内に食べないと子供は空腹のままこの後何時間も過ごさなくてはならなくなります。

そうなると食べてくれないことが余計に心配になってしまいますよね。

離乳食が進まない子も保育園では意外に良く食べる!その理由は?

離乳食を良く食べてくれるようになる方法って何かないの?

きっとあなたはそう思われているかもしれませんが、実はおうちであまり離乳食食べないという子供も、保育園に行くとなぜかよく食べてくれるということは結構あります。

うちの子はまさにこれだったのですが、おうちでは全然食べない野菜を保育園ではペロッと食べていたり、今までに食べづらいと思ってあげていなかった麺類をお代わりまでしてしまったり、自宅では見せてくれない食欲を保育園では見せてくれます。

その理由はやっぱり

  • みんなと一緒に食べるのが楽しい
  • 保育士さんが楽しく食べさせてくれる
  • たくさん遊ぶのでおなかがすく

というところにあると思います。

スポンサーリンク

子供はみんなと同じことをするのが大好き

子どもは大人やお友達の真似っこをするのが大好きなので、保育園のお友達が美味しそうにご飯を食べているとまねをしてたくさん口に食べ物を運んでくれます。
保育園には同じ年齢のクラスでも月齢の違う子が大勢いるので、数か月先に生まれたお友達が上手にたくさん食べているのを見ると「自分もやりたい!」と思ってくれるんです。

また、家では食べている途中に遊びだしてしまったりどこかに出かけようとしてしまう事もありますが、なぜか保育園ではそういうことは少なくなります。

みんなで手を洗って椅子に座って同じご飯を同じ時間に一緒に食べるという一連の行動が楽しいのか、不思議といい子に食べてくれるんですよね。

食事の味付けや柔らかさ、食べてもらいやすい献立も栄養士さんや調理師さんがいろいろな料理を試しながら考えて提供してくださっているので自然と子供が食べやすい食事になっているというのもひとつの理由です。

離乳食を食べない時は断乳してから保育園に行かせるといい?

あなたは

断乳(もしくは夜間断乳)をすると離乳食を食べてくれるようになる

という話を聞いたことはありませんか?

 

少なくとも私の息子はそうでした。

私のママ友にも「夜の授乳を止めたら離乳食をよく食べるようになった」と言っている子は多いし、ネットでいろいろな育児ブログを見ていてもそのように書いている方はたくさんいます。

詳しくは私の体験談に書いてありますので、もしご興味がございましたらお目を通していただけると幸いです^^

離乳食を食べない時に夜間断乳は効果的?完母の息子の食べる量はどう変わったのか?体験談!
生後半年くらいから始めることの多い離乳食ですが、母乳を飲んでる赤ちゃんの場合なかなか離乳食が進まないってことありますよね。 うちの子も生まれてから完母で離乳食よりも絶対おっぱい!の乳大好きマンだったので、かなり悩みました。。 ...

でも子育ては機械的な作業ではありませんので、当てはまる子もそうでない子もいます。

あくまでも「へ~こういう人もいるんだ」と参考までに…お読みいただけると嬉しいです^^

あゆみの一言

子どもを保育園に通わせるというのは子供にとってもお母さんにとっても非常に勇気のいるものです。

でもプロの保育士さんや同年代のお友達の力があると意外と子供はひょいっと壁を乗り越えてしまうこともあります。

「保育園に通わないといけないのに全然離乳食食べてくれないよ…(;_;)」

とあまり悩まなくても大丈夫なこともありますので、あまり気負いすることなく、今子供と一緒にいられる時間を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました