白斑やしこりがある時の断乳はダメ?白斑のまま断乳するとどうなる?対処法は?

スポンサーリンク

そろそろ断乳しようと思うんだけど・・・

  • でも乳首に白い点ができちゃった。。
  • どうやって対処したらいいの?
  • このまま断乳したらダメ?
  • 病気になる可能性はある?

授乳中、乳首に突然できる白い点。
これを白斑(はくはん)といい、乳腺に母乳が詰まった状態をいいます。

白斑は放っておくと悪化して乳腺炎になる可能性があると言われているのですが、
そんな状態の時に突然母乳をやめる「断乳」を実行してもいいのでしょうか。

今回は白斑ができているときに断乳してもいいの?白斑のまま断乳したら将来病気になったりするリスクはないの?についてご紹介いたします。

スポンサードリンク



白斑やしこりがある状態で断乳するのはだめ?

そろそろ断乳したいんだけど最近乳首に白い点ができちゃった…
このまま断乳しても大丈夫なのかな?

特に母乳が出やすいママさんは断乳のタイミングでも白斑やしこりに悩まされることってありますよね。

私は母乳がたくさん出るほうだったので甘いものなどを食べすぎるとよく白斑やしこりができてしまっていたのですが、
放置しておくと乳腺炎になったり将来乳がんになるなんて聞いたことがあったので断乳の際にとても心配でした。

ブログや育児雑誌でもいろいろと調べてみたのですが、やはり断乳すると母乳が乳腺の外側に出る機会が少なくなりますので、できれば白斑やしこりがある状態での断乳は望ましくないとされています。

白斑のまま断乳するとどうなる?

もし白斑が残ったままの状態で断乳してしまうとどうなるのでしょうか。

基本的には母乳をやめると乳房内に残った母乳は体内に吸収されますので、絞り切る必要なないといわれていますが、
白斑となって乳首に詰まってしまった母乳は体内に吸収されずに残ってしまうこともあります。

そうなると残った母乳が炎症を起こし、最悪の場合には手術をして詰まりを取らないといけなくなる恐れもあります。

乳腺炎を放置するとどうなる?悪化すると入院や手術の可能性も!
おっぱいがなんだか痛い 乳房がよく張る 乳首に白い点が見える 熱っぽい ズキズキしてきたこれらは乳腺炎の可能性がありますがまだ大丈夫と放置してしまうと入院や手術の可能性が出てくることも。今回は怖い細菌性乳腺炎や乳房膿瘍についてご紹介します。

また、乳腺が詰まったままでいると次のお子様に授乳するときにも母乳が出にくかったり詰まりやすくなるとも言われていますので、できればきちんと取り除いておくのが望ましいでしょう。

スポンサードリンク


白斑やしこりの対処法

母乳が詰まりやしこりがあるときは赤ちゃんに吸ってもらうと効果的

白斑やしこりがあるときは赤ちゃんに母乳を吸ってもらうようにすると取れることがあります。

授乳するときはしこりを軽くマッサージしながら行うようにし、赤ちゃんの抱き方を変えていろいろな方向から吸ってもらうと白斑もぽろっと取れることがあります。
私は大体この方法で2〜3日すると白斑やしこりが改善されていましたので、まだ授乳を続けている状態の時にはぜひ試してみてくださいね^^

お風呂でつまんで出してみる

白斑ができてしまったときにはお風呂に入った時に軽くつまんで少しだけマッサージすると取れることがあります。

入浴中に体が温まると母乳も出やすくなりますので、普段は何しても取れなかった白斑が取れることもありますよ。

ただし、爪を立てたり強くつまんだりして傷をつけてしまうと痛みが悪化し、乳腺炎になる可能性がありますので注意しましょう。

あわせて赤ちゃんにいろいろな方向から母乳を吸ってもらうとより効果的です。

心配な時は母乳外来を受診しましょう

「ちゃんと白斑を解消しておきたいな」「このまま断乳しても大丈夫かな」「病気になったりしないかな」と不安があるときには助産師さんや先生などに相談してみると良いでしょう。

直接病院へ行く時間がなければ簡単な相談でしたら電話で受けてくれることもあります。

「白斑やしこりがあるんですが断乳しても問題ないでしょうか」と相談してみて指示をあおぎましょう。

近くに母乳外来や出産された病院、助産院などがある場合は直接行ってみると実際に絞ってもらえますのでより安心できますよ。

さいごに一言

断乳するときには白斑だけではなく、おっぱいが張ってガチガチになったり痛みで腕をあげるのもつらい状態になってしまうこともあります。

断乳後のおっぱいトラブル 張り痛み詰まりを改善する方法と対策
断乳後に待ち受けているおっぱいトラブル。中には断乳よりも張りと痛みが辛いというママさんも少なくありません。今回はおっぱいの張りを改善する方法や痛いときの対処法についてご紹介します。

白斑やおっぱいケアを自分でやるのが不安、乳腺炎などの病気になると怖いという心配があるときにはぜひ助産師さんを頼ってください。

あなたの心配が一掃できるはずですよ(*^^*)

スポンサードリンク


断乳

夜泣きに悩むママさんへ・・・

  • 夜泣きがおさまらなくて辛い・・・
  • 夜中に何度も起きる・・・
  • 寝不足が続いていて辛い・・・
  • 夜泣きの原因がわからない・・・
  • 自分もイライラして泣いてしまう・・・
育児中ってついストレスが溜まってしまう事ありますよね。 私も実際2時間おきに続く夜中の授乳に子どもが8ヶ月になるまでずーーーっと悩まされており、肉体的にも精神的にもつらい時期がありました。
  • なんで私ばっかり授乳のために起きないといけないの!
  • 私だって朝までゆっくり寝たいよ!
  • なんで私にはおっぱいがついてるの・・・?
  • 私がいなくなったら主人は私の辛さに気づいてくれるかな・・・
なんて考えるくらいノイローゼ気味になっていました。 でも、周りにはなかなか辛い気持ちを打ち明けられない… そんな風に悩んでいた私の気持ちをスーッと楽にしてくれたのが、6つの夜泣き対策でした。 私の体験談をたくさんご紹介していますので、よろしければ記事を見てみてくださいね♪
↓↓
>>効果が実感できた6つの夜泣き対策を確認してみる<<
夜間断乳のススメをフォローする
夜間断乳のススメ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました